ふっわふわ&もっふもふ!天然のかき氷を食べに行こう!【Fucu cafe(ふくカフェ)】ー 浜松市天竜区二俣町

Fucu cafe(ふくカフェ)

浜松市天竜区に人気のカフェがある。それが「Fucu cafe(ふくカフェ)」だ。焼きたてワッフルや、クレープ、夏になると四代目徳次郎の氷を仕様した「天然のかき氷」を楽しむことができる。

夏場には多くのお客で賑わいを見せる。シーズンになるとかき氷を食べる行列が…。オープン時に整理券が配られるほど。四代目徳次郎の氷を仕様しているのは県内で唯一だそう。

今回は、そんな人気のフクカフェへ行ってきたぞ!

Fucu cafe(ふくカフェ)

駐車場の場所を要チェック!

駐車場はお店の前に3台。第二駐車場が5台分用意されているので、行く前にチェックしておくことをおすすめする。

2018年の最新情報では、さらに25台分の臨時駐車場が用意されている。下記写真で分かりずらい方は、フクカフェHPでもアナウンスされているのでチェックだ!

Fucu cafe(ふくカフェ) 駐車場

店内は?

店内は落ち着いた雰囲気。1階と2階があるり、さらにフリーWi-Fiも飛んでいるぞ!今の時代欠かせないサービスだ。混雑時でなければ、のんびりとくつろぎながら過ごせる空間になっている。

Fucu cafe(ふくカフェ)

メニューを見てみよう!

自家製のものから定番のものを揃えている。値段は浜松周辺ではなかなかのお値段なので、一瞬ビビる方もいるかも知れないので心しておくように。

Fucu cafe(ふくカフェ)

数量限定メニューもあるのでお見逃しなく!

Fucu cafe(ふくカフェ)

ちなみにかき氷シーズンのメニューは「かき氷のみ」となっている。クレープやワッフルが食べたくて行っても食べられないので要注意!

食べ方をチェック!!

「日光天然の氷の食べ方」というものがテーブルに置いてある。これを見て食べ方を習得しておこう!

Fucu cafe(ふくカフェ)

これが日光天然のかき氷!

今回は「自家製いちごと」「自家製 抹茶金時」各1,000円を注文。

ふっわふわで、もっふもふのかき氷が登場。

Fucu cafe(ふくカフェ)

お気づきだと思うが、フクカフェのかき氷は最初からシロップがかかっていない状態で現れる。

Fucu cafe(ふくカフェ)

食べ方に書いてあったように、最初は何もかけずに氷だけを一口パクっ。ふっわふわでもっふもふにも関わらずしっかりとした食べ応えがある。高密度なのだろうか。

天然の氷を堪能し、いざシロップを。少しづつかけながらいただく優雅さがたまらない。

Fucu cafe(ふくカフェ)

自家製 抹茶金時も同様にいただく。

Fucu cafe(ふくカフェ)

こちらもまた絶品。天然の氷によく合う自家製のシロップがこれまた抜群。

Fucu cafe(ふくカフェ)

かき氷が食べたい方へ注意点!

注意が必要なのは、当日分のかき氷が無くなってしまうと食べられないということ。そして予約は受けていないということ。

かき氷シーズン中は朝10時より、当日販売分の整理券を配布しているのでこちらの整理券をゲットすることをおすすめしよう。

1,000円のかき氷を食べているという贅沢感と、その値段に値する天然のかき氷を思う存分に堪能してみてはいかがだろう。

Deepポイント!

かき氷がかなり注目を集めているが、フクカフェの秋冬シーズンメニュー、焼きたてワッフルとクレープもかなり気になる存在ということ。今年はどのようなメニューが登場するのだろうか。

ぜひ秋冬シーズンにも訪れたいカフェだ!

Fucu cafe(フクカフェ)詳細

住所:静岡県浜松市天竜区二俣町二俣1242-1【MAP

TEL:053-925-8511

営業時間:10:00〜19:00

定休日:毎週月曜日、火曜日

>>Fucu Cafeホームページはこちら

関連記事

スポンサーリンク